カビホワイト カビ強力除去予防スプレー お風呂 お部屋の壁紙 土壁 タイルまできれいに除去

>>浴室の頑固なカビには<スパイダージェル<< 

カビホワイトでカビ退治ついに完結

お風呂のカビや洗面所、シンク下、エアコン、壁などなど、人類とカビの除去競争は、

いつ果てるともない、先の見えない戦いです。

あなたはどうですか?

カビは絶対許せないという方や、長年放置していた隠れた場所に生息する取れそうにな

いカビを一掃したい方には、私の経験上から是非ともおすすめしたいカビ取り剤をご紹

介したいと思います。

取れないカビを取るにはこちら

ここではプロ専用の強カカビ取り剤で、苦も無くカビとの戦いを終えることができ

るという方法です。

おふろやシンク下、エアコンについては、こちらで、あまり苦労はしなくなりまし

た。

本当は怖い浴室の黒カビ ピンクカビ 退治と予防のおすすめ掃除方法<

しか~し!

今年は春から蒸し暑く、梅雨もだらだらと長く、カラッと晴れてはくれませんね!

ある朝トイレに入ったら、壁に黒い点々が・・・!

なにこれ? 初めての経験!

部屋の掃除も放り出して、トイレの壁の大掃除です。

ビニールクロスの壁紙が、このように凸凹していて、よく見るとこのくぼみに黒々とカ

ビが張り付いているんですよ。

普段の壁

拡大するとこの凸凹

このくぼみに真っ黒いカビが入り込んで、(汚い壁はお見せ出来ませんが)

えっ?って感じです。ぞっとします!

一晩でこれ?

表面は取れるのですが、取っても取ってもくぼみに入り込んだカビは取れません。

綿棒で辛抱強くこすっても、一応きれいになりますが、2~3日するとまた黒い点々が

見え始めるんです。

もう、トイレに入るのも嫌ですし、また黒いのかな?と思うと憂鬱になりますよね。

一番きれいでなければならない場所ですから。

我が家は便器の蓋の布カバーや敷物は一切おいていません。菌の巣になりますから。

水を流すときも、蓋はちゃんと閉めています。

潔癖症(?)としては、「少しの汚れも許せない」的なところがあるので汚れや、まし

てカビなど絶対許せない。

でもカビるんです!

そこで、アルコール入りのファブリーズをシュッ、シュッとふりかけて様子を見まし

た。

市販のカビ取りも試してみました。

でも、2,3回やりましたがこれじゃダメでしたね。

やはりカビはそーっと忍び寄り、張り付いてきます。

「カビホワイト」水拭きするだけで30年物のカビもとれる

そこでプロ専用の「カビホワイト赤ラベル」を見つけて、即買い!

これです👇

【カビホワイト 強力除去スプレー450ml】

 

この赤ラベルは、ビニールクロス、ユニットバスの床、壁、天井、浴槽、手すりなどの

ほか、強化プラスティック、コンクリート、土壁、砂壁、漆喰壁、外壁のコケに効果の

あるカビ取り剤です。

ただスプレーして、水拭きするだけで30年物のカビもとれるという優れものです。

”よし、これだ” とばかりに、さっそくトイレの壁にスプレイして、15分置いて(私は

30分置きました)水拭きするだけ。

ずっと換気はし通しで。

なんと、溝に入り込んでいたカビもきれいになくなりました。

しかもずーっと長持ちしています。

スプレーしてたった15分待つだけなんですけどね。

乾くまで塩素の臭いはしていましたが、だんだんなくなり人畜無害ということです。

 

あー、やっと家中のカビ退治してやったー!!

カビホワイトをスプレーしておくと、1カ月から3か月間もつので、イライラ感消滅で

す。

3か月もてば、ひと夏に1回シュッシュッとして水で拭いて置くと、カビとの格闘は1

年間回ってこないということですね。(その家の状態にもよりますが)

そもそも、菌の繁殖しそうな湿気の多いところに、凸凹のある壁紙はいただけませんけ

どね。

ゴムパッキンにはカビホワイトカビ取りジェル

赤ラベルの「カビホワイト」では、ゴムパッキンやシーラントのカビは取れません。

そういう時には、「カビ除去ジェル」が、しっかりカビを取ってくれます。

タイルの目地のカビしつこい。

ゴムパッキンなかなか取れない。

何をやっても超頑固なカビ。

お任せください。

今までがっかりさせられてきた方も、いつもと違う取れっぷりに感動です。

カビホワイト ゴムパッキンのカビ取りの決定版!

木、畳、布団、布、カーテン、ベッド、カーペット、押し入れ、たんす、下駄箱、マット、マットレス、家具、クローゼットのカビ取りにはカビホワイト カビソフト除去ソフトスプレー「緑色ラベル」

カビホワイト カビソフト除去ソフトスプレー「緑色ラベル」は、色柄物は、変色や脱

色しても問題のないものに使えます。

2倍に薄めて使うと、脱色は弱まりますが、カビもとれにくくなりますので、繰り返

しの使用が必要になります。

木材など使用したものは、よく説明書を読んで使用するなど注意が必要です。

 

カビホワイト カビ予防スプレー

カビは予防できるものなら、二度と見たくないですね。

でもこれが厄介なことに、生え始めるとかなりしつこい。

だからカビって憎々しいんですよ!

特に亜熱帯になりつつある日本の気象状況では、ますますはびこりそうです。

でもそれ、予防できますよー!

安心してください。こちらの「青ラベル」が解決してくれますから大丈夫です

最長2年間の防カビが期待できる、カビブロック機能付きの「粘着カビ強力ジェルスプ

レー」です。

「通常3か月から6か月以上の防カビが期待できる」とは、なんてありがたいんでし

ょう。

「カビホワイト」低臭 粘着ジェルスプレー

カビ取りって臭いがきつくて苦手だったり、副作用がないかと心配という方に。

塩素臭ってホントに嫌ですよね。

このジェルスプレーは超低臭の半ジェルタイプで、飛び散らないので、特に市販されて

いるカビスプレーで取れなかったカビや、高いところのカビには重宝します。

ゆったり湯船につかって、ふと見上げたら黒いカビ、なんて気分も半減しますからね。

取るのが大変な衣類や靴などにはお試し用 カビホワイト衣類用

カビホワイト衣類用には、クローゼットの中のスーツや、大切にしていた洋服のほか

シューズボックスに大切にしまっておいた靴、カバンやバッグの一見どうしたらカビ

取れるの?と悩む大切なものには、「カビホワイト衣類用」です。

革製品のカビって、びっしり張り付いていて見るだけでがっかりさせられます。

これで丁寧に磨けば、カビを溶かして除菌してくれるので、長時間カビ発生の心配がな

く安心できます。

クローゼットの中のカビ臭って、もううんざりです。

あわてて外干しで風に当てても、結構時間がかかりますから。

これを一度試してみる価値ありです。

おわりに

毎年カビに悩まされる湿気大国のこの国においては、今ほど気候的にも蒸し暑さの度合

いは違いましたが、昔から木造建築が主流であったころは、家じゅうの窓を開け放して

外気を取り入れて、虫干しをしてカビ対策をしてきました。

今やコンクリートで、密閉度の高い家に住むようになり、カビの繁殖の度合いはますま

すひどくなっています。

こうなったら仕方ありません、素早くカビを退治できるもの、カビを広げないもので、

賢く対処していかなければ、カビとの戦いはますますひどくなるかもしれません。

ですが、これらのカビ対策のものは、市販されているスプレーもそうですが、塩素臭は

ありますので(乾けばなくなる)作業するときは、カビ取り剤がからだにつかないように

防備しての使い方が必要です。

マスク、眼鏡、エプロン、手袋は、必ず忘れずにつけて行ってください。

めんどくさくて嫌ですが、一度しっかりカビ退治と予防をしておくと、後がとても楽で

すから頑張ってみる価値はあります。

 ≫除菌 黒カビ退治も 消臭剤で洗えないものをA2Careはこちら≪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする